透明ドロップ

二宮小瀧担のクソDD大学生のブログ

ぼくとはまだの戦い

「市場三郎~温泉宿の恋~」

 

1月のラッキィィィィィィィ7にて発表された濱田崇裕初主演舞台。

内容自体も面白そうだしはまちゃんも「見にきてな~」って言ってたし行くしかでしょ!と思い振り込む。

 

3月の上旬ごろ緑の封筒が届く。

「なに応募したっけ、、、はまちゃんか!?」

その通り。ほか応募してないから当たり前だけど(笑)

よくよく考えれば公演数少ないから争奪戦になってもおかしくなかったなと最近納得。

 

あきらめの悪い私は当日券に並ぶことを決めた。以前増田貴久主演『ストレンジ・フルーツ』の当日券に並んだことがあった。それは前日の正午に指定された電話番号に連絡して整理番号を伝えられて当日並んで席があれば購入できる形だった。

今回は直接グローブ座に行って並ぶという新しいパターン。これまでのパターンとは違って毎回説明したり、整列させたりとスタッフさんも毎回大変そうな感じが、、。お疲れ様です。

 

4月25日

開演1時間前と開場1時間前を間違えて思ったよりも早めに到着というアホ丸出し。結果的に2時間くらい並んでくじで落ちる。あっけなさにびっくり。

 

4月29日

強風過ぎて立ってるのも地味につらい。指定された番号以内にとりあえず入れる。まじか。でも後半だ。とりあえず後ろのほうに並ばされる。隣の人が同じスマホケースで声をかけたくなったがやめる。入り口前まで来るがここから後ろの方は本日ご購入できませんと言われ、まじかとなりながら帰る。

濱ちゃんに会える日はいつ来るのでしょうか、、、


4月30日

さすがにKAT-TUN誘われてるからやめようか迷ったけどチャンスあるうちに行かないとと思い遅れることを伝えて並ぶことに。(本当にごめんなさい)人が多いことは予想できてたので外れたらさっさと東京ドーム行こうと思ってたら買えるであろう圏内の番号をひく。このタイミングできたか!そして買えた。嬉しい。でも友人まじでごめん。と思いながら観劇しました。

終演後急いで東京ドーム行って謝罪しました。KAT-TUNの大事な時に本当にすみません。。


というわけで私と濱田くんの戦いは3戦で終了しました。ひとつ言えることは、

あれは全部運だ!!!


でも本当に面白いから見て欲しい、そんな舞台です。

以上、現場からでした!