透明ドロップ

二宮小瀧担のクソDD大学生のブログ

ジャニーズWEST沼にはいってしまったことが担降りにつながってしまった話。その1

 

 

 

今の私は嵐とジャニーズWEST、時々jr.といった形のジャニヲタである。しかし私はNEWS(増田貴久)を担降りしたということを一番最初のブログに書いていた。担降りした理由も書き起こしたかったのに書いていなかったので、このタイミングで書いてみようかなと思う。

とりあえず、ジャニーズWESTにはまった経緯から説明しておきたい。

 

以前書いたように、私がNEWSにはまったのは2011年末ではあったが、2012年は時に何もすることなく、2013年の10周年イヤーが私の中のピークだったのではないかと考える。その年には増田さんの舞台を見に行くことができ、NEWSのコンサートにも行くことができた。グッズの並んだ時間が過去最長となったとともにその苦痛だった時間でさえ忘れるくらいの幸せな空間を過ごすことができた。そのままの余韻で復活魂のDVDを買ってしまったくらい。小山さんが「浮気するなよ」と何度も言っていたが、浮気先があなたたちなんですけれども、、、と思いながら(笑)

 

そんなNEWS絶頂期の中でも嵐の活動も忘れておらず、コンサートは外れたものの、グッズ参戦はしていた。同時期に嵐担となった相方*1とともに。そんなときに彼女が関西ジャニーズJr.の重岡大毅にはまっていると。そうなんだーといってあまり興味はなかったものの、少年倶楽部見れるなら見たほうがいいよ!と言われその言葉の通りに少年倶楽部を見てみた。こんなにもJr.っているんだと思った。Mステとかを見ているとSexy Zoneの後ろでにこにこ踊っている姿は見ていたがマイクを持ってキラキラしている姿はとても新鮮だった。彼女が言っていた重岡大毅という存在も小さなコーナーで同時に知ることとなった。

 

しかし、私が興味を持ったのは重岡大毅ではなく、小瀧望であった。しかも少年倶楽部ではなくTwitterで。週刊誌で撮られた小瀧さんの写真をコラージュして「○○しているノンコタニシください」というツイートが何度も流れた。何度も笑った。これがきっかけでノンコタニシって何者なの?と思いながら興味を示した。そのままみるみるはまっていき、えっ!小瀧君って年下なの!?とかいろいろ知り楽しくなっていった。年末にはよし!小瀧君応援しよう!!と決めた。浮気やん。

 

そんな矢先にテレビで見ていたカウントダウンコンサートで事件は起きた。

ジャニーズWEST4デビュー決定」

はっ!?ってなりますよ。応援すると決めた人が数日後にデビューしますなんて。メンバーもごくせんの二人と重岡君、それに小瀧君。おお、まじか。となってかウコンは終わった。しかし、その後特に調べることもなく少年倶楽部でしか彼らのことを知るタイミングがなかった。そうしたら7人になってる!4消えた!という知らないところで勝手にいろいろ進んでいたことに驚いた。でもデビューCDは欲しいなと思いとりあえず予約、とりあえず購入。楽しくええじゃないかしていた。

 

デビューしてから地上波で出るテレビはある程度見ていたしゆるーく彼らを応援していた。そんな私がどっぷりはまるきっかけとなったのが「一発めぇぇぇぇぇぇぇ!」である。初めてひとりでジャニーズのコンサートに参戦したのもあったし、グッズに予想外にならび横浜アリーナ周辺を全速力で走ったのもあって疲労と不安といろんな感情が混じった状態でコンサートに途中から参戦した。*2デビュー1stコンサートと銘打っているのにこんなにも完成されているものなのかと驚いた。おかんのコスプレやコテのペンライトなど関西色万歳なのに攻めていく姿勢が感じられた。このコンサートをきっかけにイメージが変わったのが桐山照史であった。それまで彼のガヤをうるさいと感じてしまい、ジャニスト担になるのに一番の障壁であった。しかし、このコンサートで彼の言葉の巧さに惹かれた。コテペンライトを持っているファンに対して「もーみんなかわいい!!!!」といったひとことに撃たれた。普段の自分だと何言ってんのこいつwwwwwと思ったかもしれない。まんまとやられた。彼の言葉のマジックにかかった。キリヤマジックだこれはと思った。それと同時に障壁は完全に消えた。

 

完全にずぶずぶとはまってしまったのが「パリピポ」相方にいい席だったのにうちわつくらなかったことを後でおこられた(笑)正月のように途中でコントのようなコーナーぶっこんで来るのかと勝手に思っていたら完全にアイドルだった。いい意味で裏切られた。このコンサートで最も私の心をかき乱してくれたのは中間淳太さん、お淳太様にやられた。キミコイのイントロに全部持ってかれた。衣装にバラにツインに突っ込む淳太君がかわいかった、、なにわぶ誌でアカンLOVEをジャスミン収穫ソングといっていたがキミコイで刈られた。おそらくあと1公演行っていたら中間淳太に担降りしていたかもしれないくらいのレベル。ただ、私のいた位置が小瀧君が来るのが比較的多めで総合的は小瀧君がやはりよかった。そのため、グループ内担降りにも至らず小瀧・中間の二人の株が未だにあがっているという現状。

 

この後に実習が入り、楽しくなかったのでパリピポの余韻で過ごしていたら気づいたら沼にずぶずぶ入っていた。気づいたらなにともDVDをカートに入れ、バリ ハピも初めての2種類購入して今に至る。

 

 

 このようにしてジャニスト沼にのめり込んでしまった。現場のB.A.D恐るべしとりあえず前編ジャニーズWEST編をお送りしました。ここからどうして担降りに至ったのかを記録として書いておきたい。

 

 

 

 

*1:今は嵐でもなくシゲでもなく安井担

*2:開演間に合わなかった、、、